目の下のたるみ解消法・対策・改善、取り方など
スポンサードリンク

美容整形でたるみを解消・改善

整形手術で目の下の脂肪を除去、たるみを取りましょう!





目の下に出来てしまった「たるみ」。顔の一番目立つ場所だけに、やはり悩みは大きいですね。
そこで、美容外科で整形手術を行いたるみ解消してみませんか。
皮膚のたるみは老化現象です。その老化に逆らうように若返りをする「アンチエイジング」という言葉があります。整形手術でのアンチエイジングの方法はいくつかあります。


「アイリフト」と呼ばれる目の下たるみ取り方です。
〔皮膚を切る方法〕
・皮弁法・・・目の周りのシワが主な悩みの人に向いている(たるみが目立たない)
・筋皮弁法・・・目の周りのシワと共に、筋肉の衰えにより目の下たるみが目立つ人に向いている
・ハムラ法・・・目の下の過剰脂肪の突出により凹凸が目立つ人に向いている
〔皮膚を切らない方法〕
・経結膜脱脂法・・・下まぶたがたるんで疲れて見える人、疲労時にたるみが酷くなる人に向いている


金額はどれも平均40万円前後となります。


他、一定の期間のみ効果のある、ヒアルロン酸やコラーゲンを注入する手軽な方法もあります。
目の下たるみの悩みを抱えている人はたくさんいます。決して自分だけと思わず、恥ずかしがらずに美容整形のドアをたたいてみてはいかがでしょうか。いつか「やってみてよかった」と思う日がきっと来ます。

美容整形でたるみを解消・改善

目の下のたるみを手術で解消したい





目の下たるみが出来てしまって、美容外科で手術を施して解消したいと思ったときに、まずどんな手術法があるのでしょうか。


大別して3つに分かれます。
@ 目の周りの皮膚と、目の周りの筋肉の間を剥離して、直接たるんだ部分の【皮膚だけを切り取る】方法
A 目の周りの筋肉と、目の下の脂肪を剥離して、【皮膚と目の周りの筋肉を同時に切り取る】方法
B 目の周りの皮膚・目の周りの筋肉・目の下の脂肪をそれぞれ剥離し、【それぞれ余分な部分を切り取る】方法
これらは手術の方法なので、読んでいてもさっぱりわかりませんね(汗)。ドクターにイラスト付きでわかり易く説明してもらってください。麻酔は局所麻酔を使います。


次に、手術を受けるクリニックを選ぶポイントは、
・ 親身にカウンセリングを行ってくれるかどうか。
・ クリニックの、もしくは医師の得意分野はなにか。
目の下たるみに関する手術件数はどれくらいか。
・ 料金をはっきり提示してくれるかどうか。
・ アフターケア(アフターサポート)はしっかりしているか。
です。
せっかくお金をかけて若さを買うのですから、自分に合った所を選びたいですよね。
ひとつのクリニックだけでなく複数のクリニックで相談することが出来ればとおもいます。
ちなみに、上記3つの手術はメスを使い縫合するので1週間後に抜糸に行かなければなりません。


手術時に、同時にボツリヌス・トキシン(表情筋の動きを弱める)などを注入することが可能なクリニックもあるようです。
人それぞれたるみ方や進行度が違うし、望むモノも違うので、やはり一人ひとりに合った治療を行うのが望ましいですね。

美容整形でたるみを解消・改善

目の下のたるみにはヒアルロン酸がきく!





ヒアルロン酸は、体のいたるところに存在しています。目、関節、皮膚・・・。その中でも美容面に関わる皮膚は、真皮組織に含まれていて、肌の乾燥を防ぎ水分が十分に保たれた状態を維持する大切な役割を持っています。
ところが、年齢とともにヒアルロン酸はどんどん減少していくのです。20歳時のヒアルロン酸量を100としますと、60歳では4分の3はなくなってしまうのです。
食事で摂ると言いましても、豚の皮はともかく高級食品であるフカヒレや、魚の目、鶏のトサカなど、普段私たちがあまり口にしないものに含まれているのですから、困ったものです。


目の下たるみが出来てしまったら、美容外科でヒアルロン酸を補給してみてはいかがですか。
たるみの所に沿って、注射で注入するだけです。真皮に届き、ふっくらとしたハリのあるあの頃の肌を取り戻すことが出来ます。
ヒアルロン酸はアレルギーテストの必要がなく、注入時間も5分から10分とそんなにかかりません。
そして一度摂取したヒアルロン酸は数ヶ月〜1年程度の効果持続があります。
料金は注入するヒアルロン酸1ccの金額が約5000円で、目の下には大体7tくらい必要になります。


アンチエイジングという言葉が出てきてまだ間もないですが、若さを維持するために美容外科で手術をするのには抵抗があるという人、ヒアルロン酸をお試しになってみてはいかがですか。
きっと今よりたるみが軽減され、毎日が楽しく過ごせるでしょう。

美容整形でたるみを解消・改善

目の下のたるみにはレーザー治療が良い?





レーザー治療でまず思い浮かぶのは、ほくろ(黒子)を目立たなくする、シミや入れ墨を薄くする、赤アザやイボの除去などがあがりますが、目の下たるみ解消するためのレーザー治療は、「レーザーリフティング」などと呼ばれています。


特殊パルスのダイオードレーザーを用いて、たるんだ皮膚に直接10秒ほど照射します。
20ヶ所くらい行い、時間はだいたい10〜15分かかります。
痛みの心配ですが、骨のところにくると少しばかりの鈍い痛みがあるくらいで、あとは皮膚の奥にわずかにチリチリする程度のもののみ。皮膚の奥まで効いているんだなと思われることでしょう。
それもそのはず、レーザーは皮膚の真皮層・筋肉層に直接届くので、コラーゲン再生や、表情筋が引き締まる効果が期待できるのです。


料金も一回2万円程度と安く、回数を重ねて行えば行うほど効果が出てきます。もちろん一回でも効果はバッチリですけどね。
メスを使う手術のように切開も注射もなく、後で抜糸に来るわずらわしさがありません。
パーティーや同窓会の前、会社のお昼休みなどに気軽に受けられるレーザー治療。たるみ解消方法の一つとして一度やってみてはどうでしょうか。

化粧品でたるみを解消・改善

目の下のたるみに効くジェル





ジェルは朝晩のスキンケアの中に取り入れている人はあまりいないのではないかと思います。
スキンケアというとどうしても化粧水や乳液、美容液やクリームなどが頭に思い浮かんでしまいます。
しかし、ジェルは思っているよりもスグレモノです。


化粧水で保湿してもどうしても水分が逃げて乾燥しやすくなる時があります。秋から冬にかけては肌には厳しい季節ですね。そんな時、ジェルには水分を逃がさないように守ってくれる役割があるのです。クリームの感触がイヤという人はクリームの代わりに使うこともあるようです。


目の下たるみに効くジェルは、やはりエイジングケアを謳っているものを選ぶといいでしょう。
エイジングケア化粧品は、安くはありませんが、試しに一度使ってみてもいいかもしれません。
化粧水で保湿した状態で、更にジェルで水分を閉じ込めて、肌の栄養吸収がしやすい時にジェルに配合された栄養成分が皮膚表面よりも更に奥の真皮層にまで届く・・・。


使い方は特に決まっていません。ジェルを塗ってマッサージをするもよし、滑らかに顔に塗っていくもよし。塗っていくうちに乾いてきますので、ベタつき感はさほどありません。乾燥が気になる人は時間を置いて再度塗りなおしてください。効果は抜群です。


たるみの大敵のひとつに肌の乾燥があげられます。水分保持はたるみ解消への大切なキーワードです。

化粧品でたるみを解消・改善

目の下のたるみに効くクリーム





目の下に出来るたるみには、クリームを使って解消させるといいでしょう。
クリームと言いましても、アイスクリームではありません。アイクリームです。


目の下の皮膚は顔のどの場所よりも薄く、頬と同じ力でさわってはいけません。
使い方ですが、まず鏡をご覧ください。そして右目の目尻を、左手人差し指で軽く引っ張ります。
ピンと張った薄い皮膚に、クリームを軽くトントントンとたたいてあげればいいのです。
反対側もしかりです。
絶対に強くマッサージしたりこすったりしないでください。
朝晩のスキンケアの時に工程の最後にアイクリームを使います。


成分はだいたいたるみとシワの両方に効くように作られているものが多いようですが、それでもチェックしたいのは「ビタミンE」と「ビタミンK」です。
ビタミンEはお肌の乾燥を防いで血行を促してくれる役割をしています。
ビタミンKはうっ血を防いでくれて血行を促してくれる役割をしています。クマも解消してくれます。(生まれたばかりの赤ちゃんに、血が固まらないようにと、ビタミンKを摂取させるのです。)


最近では「老化」「ストレス」という言葉を気にしてしまう女性がだんだん増えてきたように思います。
いつまでも若くいたいのに、顔が「老化」してしまったら気持ちも若さを保てなくなりそうです。
興味からなのか、老化予防の意味からなのか、20代の女性がエイジングケアの化粧品を手にする光景もちらほら。ますます「アンチエイジング」という言葉に関心が高まってきそうです。

化粧品でたるみを解消・改善

目の下のたるみに効く基礎化粧品





一般に基礎化粧品と呼ばれるものには、以下のようなものがあります。
・ 化粧水
・ 乳液
・ 洗顔料
・ クリーム


資生堂、コーセー、カネボウ、花王、P&G・・・他、様々なメーカーからたくさんの化粧品が販売されている現状で、目の下に出来たたるみ解消するような化粧品は見つかるのでしょうか。


メーカーや商品の特徴を比較しながら選ぶなら、ドラッグストアに行くといいようです。
薬剤師さんもいるので自分の肌質に合ったものを相談しながら選んでもいいでしょう。


肌にたるみが出来てしまう原因は、老化と密接につながっているので、「アンチエイジング」や「エイジングケア」などと書かれている商品を選ぶと良いでしょう。
有効成分は、主に
・ COQ10
・ EGF
・ コラーゲン
・ ビタミンC
・ ビタミンE
ほか、カテキン、ポリフェノール、イソフラボン、いくつもの種類を効果的に調合して(多ければ20種類以上)、絶妙のバランスでエイジングケアとしての役割を持つ化粧品になっているようです。


年をとるにつれて、たるみの進行も早く、事態も重くなっていきます。
化粧品(アンチエイジング化粧品)は、明らかに20代の頃に使っていたものとは質も値段も違うということを知っておかなければならないでしょう。


目の下に出来たたるみ解消するには、もちろんいい成分の入った化粧品を選ぶのも大事ですが、やはり日頃の生活の中で肌へのちょっとした気配りが5年後、10年後にモノを言うのではないでしょうか。
例えば外出時には必ず帽子をかぶるとか、朝夕のスキンケアタイムに1分でも顔の表情筋を刺激するフェイスマッサージ(強く引っ張らない)をしてあげるとか・・・。難しいことはしなくてもいいと思います。


ご自身で「私はこんなに肌を愛してあげてるんだ」と気持ちが満足するだけで、肌に対するストレスが減っていくものです。

化粧品でたるみを解消・改善

目の下のたるみに効く美容液





トロリとした美容液。値段は張るけど、高機能成分配合でつけた途端乾いた肌に「お疲れ様」と囁くように染み込む染み込む・・・。


私たち女性にとって化粧水と同様に大切な、素肌ケアには欠かせない美容液。さて、巷で売られている美容液、いろいろあって目移りしてしまいますね。それぞれに特徴があり、目的別に作られているのですが、一般的に美容液に配合されている成分は、以下のものが多いようです。
・ ビタミンC
・ ビタミンE
・ アルブチン
・ レチノール
・ ヒアルロン酸
・ コラーゲン
・ ハトムギエキス
・ 海藻エキス
・ トラネキサム酸
・ エラスチン


目の下たるみに対する美容液は、「エイジングケア美容液」と謳っているものを選ぶといいようです。
たるんだ肌にハリを与え、うるおいを取り戻し、乾かない肌を維持し続ける、例えばレチノールなど配合されているのもいいでしょう。


しかし何よりお勧めなのは、EGF配合の美容液でしょう。
「EGF」とは、アメリカの生物学者コーエン博士によって発見された、上皮細胞の再生を促す分子の系統群のことで、1986年ノーベル医学生理学賞を受賞するほど画期的なものです。これを配合した美容液を長期間使うと、加齢によって低下してしまう肌本来の力を呼び戻すことが出来、皮膚細胞の新生を促してハリと滑らかさが還ってくるのです。


値段は60mlで8000円代位でお求めになれます。
8000円が安いか高いか、それは使用してみてからお決めになっても遅くはないでしょう。

エステでたるみを解消・改善

目の下のたるみ解消はエステで!





目の下に出来たたるみのケアを、エステティックではどの様に行なっているか調べてみました。


エステティック(以下エステ)は、全国どこにでもあり、女性にとってはとても身近な存在といえます。しかし、値段が高いイメージがあるのも事実です。
ほとんどのエステでは、お試し価格で体験コースを設けているようです。
フェイシャルエステでは、
・ しみ、そばかすケア(ホワイトニング)
・ 目の周辺のたるみ、クマのケア(アンチエイジング)
・ 顔痩せ
・ 毛穴、にきび跡のケア
などそれぞれ悩み別にコースを用意しているようです。


まずカウンセラーと相談します。肌質や普段の生活リズム、生活環境などを調べた上で、体の(顔の)悩みはどこなのか、どのくらいの期間でどの程度までの綺麗を目指すか目標を立てていきます。料金はもちろん安くはないですが、月5000円くらいからのローンを組むことができます。


手法や順番はそれぞれのエステサロンにより異なりますが、だいたい洗顔・トリートメント・マッサージ・スチーム・低周波・超音波などを使い、心地よい程度の刺激で新陳代謝を高め、肌の活性化をはかります。
目の下たるみに対しては、機械を使ってたるみ部分に集中して低周波を送り、皮膚や筋肉などに刺激を与えてハリを呼びおこします。肌の状態が良くなれば、やがてたるみも軽減していくでしょう。


せっかく高いお金を出してサロンに通うのですから、先に目標を決めるだけ決めたら、あとはお姫様気分でゆっくりと楽しく気持ちの良い時間をおくりましょう。


最後に、エステに関しての被害、苦情などは最寄りの消費生活相談窓口まで連絡するといいでしょう。街頭で無料券などを配っている所は注意したほうがよさそうです。

目の下 たるみ 原因

目の下のたるみを隠す化粧品





目の下たるみを「隠す」というと、まず化粧品を使うことになりますね。
化粧品には目の下たるみを隠す目的の化粧品と、たるみに対して改善作用を促す目的の化粧品の二つがあるようです。


世間一般の考え方として、一時的にたるみを隠すだけのものではなく、たるみを隠しながら肌そのものの状態を改善させるものが受け入れやすい傾向にあるようです。


最近では、くまやたるみを隠すコンシーラーも、肌にいい成分がいろいろ含まれているので、どれを選べばいいのか目移りしてしまいます。
あるサイトでのコンシーラーの人気ランキングでは、カモミールエキス配合、CoQ10配合、ボトックス様成分配合のものがトップ3に選ばれていました。


その他、美容液などもたくさんの種類が作られていて、ヘスペリジン配合、ビタミンP配合、他、アイリス、コラーゲン誘導体、ビフィズス菌・・・と、枚挙にいとまがありません。


そこで、おおまかですが、化粧品を選ぶポイントをいくつかあげてみました。
・ 製品の成分がきちんと全部表示してあるもの。
・ 指定成分(厚生省指定102成分)と合成香料が含まれていないもの。
・ 成分の原料に鉱物石油などが使用されていないもの。


それと、いくら良いものといっても、自分のおこづかいよりも高いものを無理して買い続けるのでは大変です。
おサイフと相談して、手ごろな商品を選ぶのもポイントかと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。